カンジダ

カンジダとは

カンジダという真菌(カビ)が異常繁殖して発症します。女性の発症が多い傾向があります。

カンジダは常在菌

性行為によって感染・発症することもありますが、人間の身体にもともといる常在菌ですから疲れなどによる免疫力低下によって異常に増殖して自然発生的に発症するケースが実は多いのです。

感染・再発を繰り返しやすい

薬剤服用や基礎疾患、下着、洗浄方法などが原因になって再発を繰り返すケースがよくあります。

改善しにくいケースも

一般的な治療では治りにくいケースがあります。その場合も膣洗浄、薬の追加や変更など、適切な治療を行うことで改善できますので、必ず受診してください。また、発症の誘因への対応やパートナーの検査・治療も重要です。

感染経路

性行為で相手から感染して発症するケースは10%以下と考えられています。カンジダは常在菌であり、異常に増殖すると症状を起こすため、性交渉経験がなくても発症する可能性があります。

疲れ・睡眠不足・ストレス、風邪などの病気による免疫力低下、抗生物質の投与による膣内の菌交代現象、妊娠などによる膣内酸性度低下、ピルの使用、性行為、他の性感染症への感染、副腎皮質ステロイドや免疫抑制剤の投与、糖尿病、肥満などが誘因となって発症すると考えられています。また、ビデなどによる過剰な洗浄は、膣内の環境を乱して発症につながることがあります。

カンジダの症状

女性のカンジダ膣炎が多くなっています。パートナーに繰り返しうつして発症させてしまうことがありますので、症状に気付いたら必ず受診してください。

男性の症状

亀頭や包皮に、赤み、かゆみ、びらん、白苔を起こすことがあります。こうした症状がありましたら、パートナーのためにも必ず受診してください。

男性が感染したまま放置した場合のリスク

パートナーが繰り返し発症してしまうことがあります。男性に症状がない場合も、パートナーがカンジダ膣炎を繰り返す場合には、必ず受診してください。

女性の症状

膣や外陰部のかゆみ、膣や外陰部の熱感・痛み・腫れ・赤み、白いおりもの(ヨーグルト・酒粕・カッテージチーズ・粥などに似ています)、性交時痛などを起こします。悪化して炎症を起こすことがあり、糖尿病や副腎皮質ステロイド投与などにより外陰部周囲にも湿疹のような炎症が拡がることがあります。

女性が感染したまま放置した場合のリスク

炎症を起こして粘膜が傷付いていると他の病気にも感染しやすくなります。

カンジダの検査・診断・治療

検査

女性は膣分泌物を綿棒でぬぐう検査で、塗抹検査なら1~2日で、培養検査なら6-7日で結果が得られます。男性は尿道炎症状のある場合は尿検査、亀頭炎症状がある場合にはペニスの皮膚を綿棒でぬぐう検査となります。検査結果通知までの期間は女性と同様です。

カンジダの治療について

女性のカンジダ膣炎は、洗浄、膣錠や軟膏で治療します。繰り返し発症する場合は、内服薬による治療が有効です。男性の尿道炎に対しては内服薬による治療、亀頭炎に対しては軟膏による治療があります。

再発を繰り返す場合は、原因や誘因になるものの除去や対処を検討します。抗生物質・ピル・副腎皮質ステロイドが発症の原因になっているケースもありますし、他の性感染症感染や糖尿病などによってカンジダを繰り返し発症していることもあります。また、ビデなどによる過剰な洗浄や下着などの問題が再発にかかわっていることもあります。こうした誘因がないか、しっかり医師と相談して適切な対処を行いましょう。

治療の流れと注意するポイント

基本的に症状があったら受診して適切な治療を受け、症状が改善したら治療終了です。似た症状を起こす他の性感染症の可能性がありますので、必ず受診してください。また、原因に基礎疾患や薬、生活習慣などが関係していることもよくありますので、発症を繰り返さないためにも医師の診察は重要です。

カンジダの検査・治療費用

病名 検査費 治療費
男性:亀頭炎、陰茎包皮炎
(カンジダ)
¥3,300 クリーム¥1,320
女性:外陰膣カンジダ症 ¥3,300 クリーム ¥1,320
膣 5錠 ¥1,650

表示価格は全て税抜きです。
治療に際して、上記の他に処方料¥220、整腸剤・制吐剤などにそれぞれ¥110がかかります。

診療料金
初診料 ¥1,650
再診料 ¥1,100
処方料 ¥220

カンジダの予防

カンジダの予防性行為による感染は多くありませんが、女性が繰り返し発症するケースではパートナーの男性からの感染の可能性があります。また、免疫力低下も発症リスクになるため、過労や睡眠不足を避けてストレスを減らしましょう。そして、清潔を保つことは重要ですが、過剰な洗浄は逆効果です。

一番上に戻る
TwitterTwitterMeDaCa