トリコモナス

トリコモナスとは

膣トリコモナス原虫という微生物に感染して発症します。感染は減少傾向にありますが、中高年の発症が比較的多いとされています。

女性の発症が多い

男性の感染は少ないとされています。これは、セックスで尿道にトリコモナス原虫が入り込んでも、排尿で流されてしまって感染しにくいからと考えられています。ただし、男性は感染しないというわけではなく、感染して放置していると尿道炎や前立腺炎を起こすこともあります。

性行為以外でも感染

感染の原因は主に性行為ですが、下着・タオル・トイレ・浴室を介した感染も起こります。そのため、性経験がなくても感染するケースがあります。

家族にうつしてしまう可能性も

タオル・トイレ・浴室などを介して感染することもあるため、放置しているとご家族にうつしてしまう可能性もあります。

感染経路

性行為によって感染することが多いのですが、それ以外の経路で感染することもあります。

トリコモナス原虫は、女性の膣や子宮頸部、男性の前立腺や精嚢に寄生していることが多く、分泌物や精液を介して感染します。

また、下着・タオル・トイレ・浴室を介した感染も起こるため、性経験がない方が発症するケースもあります。ご家族などにうつさないよう、できるだけ早く適切な治療を受けましょう。

トリコモナスの症状

女性はおりものに特徴的な症状が出て発見されやすいのですが、男性は感染しても症状を起こすことが少ないため注意が必要です。

男性の症状

尿道からの膿、軽度の排尿痛など軽い尿道炎の症状を起こします。ただし無症状のことも珍しくありません。

男性が感染したまま放置した場合のリスク

前立腺や精嚢にトリコモナスが寄生した場合には、前立腺炎や尿道炎を起こすことがあります。

女性の症状

膣、子宮頚管、尿道、膀胱に感染して、泡状で悪臭のあるおりもの、性器の痛みや激しいかゆみなどを起こします。ただし症状が現れないケースもあります。

無症状のことも多いのですがタオルやトイレなどを介してご家族に感染する可能性もあります。パートナーから繰り返し感染することもあります。「もしかしたら」と思ったらすぐに受診してください。

トリコモナスの検査・診断・治療

検査

無症状の場合も検査によって感染の有無を確かめることができます。検査のタイミングも感染機会の直後から可能です。

感染が疑われる部分から検体を採取して確認します。

男性 初尿
女性 膣ぬぐい液

トリコモナスの治療について

薬の内服で治療できます。女性の治療では膣錠を用いることも多くなっています。治療期間は10日程度です。使われる薬剤は、5-ニトロイミダゾール系です。

治療の流れと注意するポイント

自覚症状がなくなったら検査でトリコモナスの消失を確認して治療終了です。女性は、次回の生理が終わってから再検査を受けて確認する必要があります。消失が確認されるまでは、タオルなどの共有を控え、トイレやお風呂の使用にも気を使ってご家族への感染が起こらないようにしてください。

トリコモナスの検査・治療費用

病名 検査費 治療費
男性:トリコモナス尿道炎 ¥3,300 飲み薬¥7,700
女性:膣トリコモナス症 ¥3,300 飲み薬 ¥7,700
膣錠 5錠 ¥1,650

表示価格は全て税抜きです。
治療に際して、上記の他に処方料¥220、整腸剤・制吐剤などにそれぞれ¥110がかかります。

診療料金
初診料 ¥1,650
再診料 ¥1,100
処方料 ¥220

トリコモナスの予防

セックスによる感染を防ぐためには、コンドームの使用が有効です。

一番上に戻る
TwitterTwitterMeDaCa