症例写真

30代/ 男性

風俗利用後、初期硬結、バラ疹を発症し、郵送検査で診断された梅毒の一例

Before

風俗利用後、初期硬結、バラ疹を発症し、郵送検査で診断された梅毒の一例
風俗利用後、初期硬結、バラ疹を発症し、郵送検査で診断された梅毒の一例
風俗利用後、初期硬結、バラ疹を発症し、郵送検査で診断された梅毒の一例
風俗利用後、初期硬結、バラ疹を発症し、郵送検査で診断された梅毒の一例
風俗利用後、初期硬結、バラ疹を発症し、郵送検査で診断された梅毒の一例
風俗利用後、初期硬結、バラ疹を発症し、郵送検査で診断された梅毒の一例

エピソード

梅毒

30歳代男性 医療従事者 風俗利用者
1週間に1回程度、風俗を利用する。2か月前に初期硬結と思われるしこりを性器に認めた。2,3週間前から全身に赤い発疹が出現し、郵送検査で梅毒検査陽性と出た。
診察では、腹部、背部にそれぞれ淡い紅斑(バラ疹)を無数に認めた。血液検査にてRPR64/TP1280であり、活動性梅毒の診断で、ステルイズ注射が施行された。

一番上に戻る
TwitterTwitterMeDaCa WEB予約WEB予約