膣カンジダ症

最新の症例写真

20代/ 女性

膣内よりも外陰部に強い炎症症状を来した性器カンジダの一例

閲覧注意

この写真には性器の描写が含まれております。
18歳未満の方は閲覧をご遠慮ください。
ご覧になりたい方は、クリックをしてください。

膣内よりも外陰部に強い炎症症状を来した性器カンジダの一例

閲覧注意

この写真には性器の描写が含まれております。
18歳未満の方は閲覧をご遠慮ください。
ご覧になりたい方は、クリックをしてください。

膣内よりも外陰部に強い炎症症状を来した性器カンジダの一例

閲覧注意

この写真には性器の描写が含まれております。
18歳未満の方は閲覧をご遠慮ください。
ご覧になりたい方は、クリックをしてください。

膣内よりも外陰部に強い炎症症状を来した性器カンジダの一例

閲覧注意

この写真には性器の描写が含まれております。
18歳未満の方は閲覧をご遠慮ください。
ご覧になりたい方は、クリックをしてください。

膣内よりも外陰部に強い炎症症状を来した性器カンジダの一例

閲覧注意

この写真には性器の描写が含まれております。
18歳未満の方は閲覧をご遠慮ください。
ご覧になりたい方は、クリックをしてください。

膣内よりも外陰部に強い炎症症状を来した性器カンジダの一例

画像

閲覧注意

この写真には性器の描写が含まれております。
18歳未満の方は閲覧をご遠慮ください。
ご覧になりたい方は、クリックをしてください。

膣内よりも外陰部に強い炎症症状を来した性器カンジダの一例

画像

閲覧注意

この写真には性器の描写が含まれております。
18歳未満の方は閲覧をご遠慮ください。
ご覧になりたい方は、クリックをしてください。

膣内よりも外陰部に強い炎症症状を来した性器カンジダの一例

画像

閲覧注意

この写真には性器の描写が含まれております。
18歳未満の方は閲覧をご遠慮ください。
ご覧になりたい方は、クリックをしてください。

膣内よりも外陰部に強い炎症症状を来した性器カンジダの一例

画像

エピソード

膣カンジダ症

20歳代女性 今のパートナーと付き合って半年になる。
1週間前に性行為をした。4,5日前から外陰部のかゆみ、膣内のかゆみ、おりもの増加を認めた。
診察では両側大陰唇に発赤を認め、チーズ状のおりものが外陰部まで出てきている(画像1,2,3)。膣内にはチーズ状のおりものが少量認められた(画像4)。
おりもの検査ではカンジダおよびクラミジアの陽性を認めた。カンジダに対しては膣錠、クリームにて1週間後に完治した。クラミジアに対しては抗生剤服用にて2週間後に完治した。

20代/ 女性

クラミジアに対する抗生剤治療の1か月後に外陰部膣カンジダを発症した一例

Before

閲覧注意

この写真には性器の描写が含まれております。
18歳未満の方は閲覧をご遠慮ください。
ご覧になりたい方は、クリックをしてください。

外陰部膣カンジダ症

After

閲覧注意

この写真には性器の描写が含まれております。
18歳未満の方は閲覧をご遠慮ください。
ご覧になりたい方は、クリックをしてください。

外陰部膣カンジダ症

閲覧注意

この写真には性器の描写が含まれております。
18歳未満の方は閲覧をご遠慮ください。
ご覧になりたい方は、クリックをしてください。

クラミジアに対する抗生剤治療の1か月後に外陰部膣カンジダを発症した一例

閲覧注意

この写真には性器の描写が含まれております。
18歳未満の方は閲覧をご遠慮ください。
ご覧になりたい方は、クリックをしてください。

クラミジアに対する抗生剤治療の1か月後に外陰部膣カンジダを発症した一例

画像

エピソード

外陰部膣カンジダ症

20歳代 公務員 1人のパートナーと5か月前から付き合っている。
1か月前から外陰部のかゆみ、おりもの増加があった。前医でクラミジアを診断され、治療済みである。その後も陰部のかゆみが改善しないため当院を受診された。
一時期、かゆみや痛みは治まっていた。クラミジア治療後は性行為は一切していない。悪臭はなく、性器の周りがかゆい。
診察では外陰部全体が発赤著明であり(画像1)、膣内はチーズ状のおりものが多く診られた(Before)。膣洗浄にて、チーズ状のおりものは排除された(After)。オキナゾール膣錠を挿膣、処方はオキナゾール膣錠およびオキナゾールクリームがなされた。

【解説】抗生剤内服中または内服直後のカンジダ発症は有名であるが、自験例のように1か月経過してからの発症もしばしば見られる。抗生剤はカンジダ発症の原因の一つである。女性はもともと膣内に若干の一般細菌やカンジダを有しているのだが、免疫が低下した際に菌量が増加して感染し、おりもの症状として発症する事が知られている。カンジダには表在性、深在性が存在するが、特に性器の場合、外陰部の発赤、表皮剥離、浸出液などが見られ、膣内はチーズ状おりものの増加が有名である。においはないことが多い。一度もカンジダの経験のない女性はおりもの検査を行い、診断する。2度目の発症で、症状が同様の場合は検査を省略する事があるが、他の性感染症(淋菌、クラミジア、マイコプラズマ・ジェニタリウムなど)と混合感染をしている事もしばしばみられるため、検査の実施を勧める。クリニックを受診してもらえればおりもの検査の他、のどや血液でわかる性感染症の検査の追加もでき、またパートナー男性の尿検査やペニスぬぐいの検査もできるので、是非ご来院いただきたい。また、カンジダの予防法についてのお問合せが多いが、例えばカンジダを除菌する成分を有するデリケートゾーン向けのソープなどはとても良い。

20代/ 女性

‟尿道から膿”が出る形で見つかった女性の淋菌感染症の一例

閲覧注意

この写真には性器の描写が含まれております。
18歳未満の方は閲覧をご遠慮ください。
ご覧になりたい方は、クリックをしてください。

‟尿道から膿”が出る形で見つかった女性の淋菌感染症の一例

閲覧注意

この写真には性器の描写が含まれております。
18歳未満の方は閲覧をご遠慮ください。
ご覧になりたい方は、クリックをしてください。

‟尿道から膿”が出る形で見つかった女性の淋菌感染症の一例

閲覧注意

この写真には性器の描写が含まれております。
18歳未満の方は閲覧をご遠慮ください。
ご覧になりたい方は、クリックをしてください。

‟尿道から膿”が出る形で見つかった女性の淋菌感染症の一例

画像

閲覧注意

この写真には性器の描写が含まれております。
18歳未満の方は閲覧をご遠慮ください。
ご覧になりたい方は、クリックをしてください。

‟尿道から膿”が出る形で見つかった女性の淋菌感染症の一例

画像

エピソード

淋菌感染症、クラミジア感染症、膣カンジダ症

20歳代 女性 フリーター マッチングアプリ利用者
2週間前にマッチングアプリで知り合った男性とコンドームを用いた膣性交をした。1週間前からおりものの増加、不正出血、排尿後の下腹部痛がある。特に2日前から排尿痛がひどく、トイレに行くのも億劫である。尿は混濁を認め、尿検査では白血球、赤血球を著明に認めた。膀胱炎の診断。
診察では外陰部は全体的に黄色い膿の分布が見られ(図1)、膣側に指を入れ、尿道を圧迫すると尿道から膿の排泄が認められた(図2)。
おりもので淋菌、クラミジア、カンジダが陽性であった。膀胱炎の原因は淋菌性であったものと考えられた。

【注意すべき点】通常、若年者の膀胱炎の原因菌は大腸菌や腸球菌などが多い。しかし、時として性感染症の原因となる淋菌、クラミジア、マイコプラズマ・ジェニタリウム、カンジダなどが膀胱で悪さをする事がある。その場合、通常の膀胱炎に対する抗生剤では不十分な事も多い。すなわち性感染症に効果的な抗生剤の選択が必要となる。以上から性感染症を正しく診断することが、治療に先立ちとても大切である。

20代/ 女性

唾液を付けた指での指入れにて誘発された膣カンジダ症の一例

Before

閲覧注意

この写真には性器の描写が含まれております。
18歳未満の方は閲覧をご遠慮ください。
ご覧になりたい方は、クリックをしてください。

After

閲覧注意

この写真には性器の描写が含まれております。
18歳未満の方は閲覧をご遠慮ください。
ご覧になりたい方は、クリックをしてください。

閲覧注意

この写真には性器の描写が含まれております。
18歳未満の方は閲覧をご遠慮ください。
ご覧になりたい方は、クリックをしてください。

唾液を付けた指での指入れにて誘発された膣カンジダ症の一例

閲覧注意

この写真には性器の描写が含まれております。
18歳未満の方は閲覧をご遠慮ください。
ご覧になりたい方は、クリックをしてください。

唾液を付けた指での指入れにて誘発された膣カンジダ症の一例

画像

エピソード

20歳代女性 会社員 マッチングアプリ利用者
1週間前にマッチングアプリで知り合った男性と行為あり。プレイ内容は唾液を付けた指を入れられた。2,3日前から性器がかゆく、鏡で見たら白くなってしまった。
診察で外陰部は若干の発赤が見られる。膣口までチーズ状のおりものが出てきている(画像1)。膣内もチーズ状のおりもので埋め尽くされていた(Before)。外陰部膣カンジダの診断で、膣洗浄(After)、抗真菌薬膣錠、抗真菌薬軟膏が処方された。

【注意事項】本症例のようにカンジダは、いわゆる膣性交を行っていなくても、指入れの行為だけでも発症してしまう事があるため注意が必要。

20代/ 女性

抗体検査で陽性を確認した性器ヘルペスの一例

Before

閲覧注意

この写真には性器の描写が含まれております。
18歳未満の方は閲覧をご遠慮ください。
ご覧になりたい方は、クリックをしてください。

性器ヘルペス(抗体検査で確認)、クラミジア、カンジダ、細菌性膣症

After

閲覧注意

この写真には性器の描写が含まれております。
18歳未満の方は閲覧をご遠慮ください。
ご覧になりたい方は、クリックをしてください。

性器ヘルペス(抗体検査で確認)、クラミジア、カンジダ、細菌性膣症

閲覧注意

この写真には性器の描写が含まれております。
18歳未満の方は閲覧をご遠慮ください。
ご覧になりたい方は、クリックをしてください。

抗体検査で陽性を確認した性器ヘルペスの一例

閲覧注意

この写真には性器の描写が含まれております。
18歳未満の方は閲覧をご遠慮ください。
ご覧になりたい方は、クリックをしてください。

抗体検査で陽性を確認した性器ヘルペスの一例

閲覧注意

この写真には性器の描写が含まれております。
18歳未満の方は閲覧をご遠慮ください。
ご覧になりたい方は、クリックをしてください。

抗体検査で陽性を確認した性器ヘルペスの一例

画像

閲覧注意

この写真には性器の描写が含まれております。
18歳未満の方は閲覧をご遠慮ください。
ご覧になりたい方は、クリックをしてください。

抗体検査で陽性を確認した性器ヘルペスの一例

画像

エピソード

性器ヘルペス(抗体検査で確認)、クラミジア、カンジダ、細菌性膣症

20歳代女性 性交渉の頻度は1,2か月に1回
2週間前に新しい人と性行為をした。1週間前よりおりものの悪臭と性器にできものができた。近医で視診による性器ヘルペス、クラミジア、カンジダ、細菌性膣症の診断が下された。ヘルペスの検査を求めて当院を受診された。診察では大陰唇、小陰唇、肛門周囲に多発する地図状の潰瘍が認められた(Before, 画像1、画像2)。単純ヘルペス特異抗原検査は陰性であり、性行為から約3週間後にHSV CF法を実施したところ、上昇を認め、急性期性器ヘルペスの診断。5日後には潰瘍は上皮化された(After)。

*性器ヘルペスの治療費は、初発:¥7,70010日分)、再発:¥3,8505日分)、再発抑制:¥11,55030日分)、軟膏 ¥1,760でございます。
*性器ヘルペスに用いる内服薬による副作用には、発疹、蕁麻疹、かゆみ、光線過敏症、軟膏による副作用には接触皮膚炎様症状、刺激感、かゆみなど報告されております。このような症状が出た場合はすぐに担当医師へご相談ください。
*治療の効果や副作用には個人差がございます。

20代/ 女性

性行為の頻度は多くないが典型的な膣カンジダ症を呈した一例

Before

閲覧注意

この写真には性器の描写が含まれております。
18歳未満の方は閲覧をご遠慮ください。
ご覧になりたい方は、クリックをしてください。

外陰部膣カンジダ症

After

閲覧注意

この写真には性器の描写が含まれております。
18歳未満の方は閲覧をご遠慮ください。
ご覧になりたい方は、クリックをしてください。

外陰部膣カンジダ症

閲覧注意

この写真には性器の描写が含まれております。
18歳未満の方は閲覧をご遠慮ください。
ご覧になりたい方は、クリックをしてください。

性行為の頻度は多くないが典型的な膣カンジダ症を呈した一例

閲覧注意

この写真には性器の描写が含まれております。
18歳未満の方は閲覧をご遠慮ください。
ご覧になりたい方は、クリックをしてください。

性行為の頻度は多くないが典型的な膣カンジダ症を呈した一例

画像

エピソード

外陰部膣カンジダ症

20歳代女性 
3か月前から今の彼と付き合っている。月に1回程度のゴムを用いた性行為をしており、半年前からおりもの増加が気になっている。今まで性病検査の経験はない。外陰部は発赤していた(画像1)。内診にてチーズ状のおりものが見られ(Before)、膣壁にへばりつくように散在している。外陰部膣カンジダの診断で、膣洗浄(After)、膣錠、クリームが処方された。

*膣カンジダ症の治療費は、¥3,520でございます。
*膣カンジダ症の治療による副作用には、局所の発赤、刺激感、ひりひり感、疼痛、過敏症など報告されております。このような症状が出た場合はすぐに担当医師へご相談ください。
*治療の効果や副作用には個人差がございます。

10代/ 女性

5種類の性病にかかった、10歳代女性の一例

閲覧注意

この写真には性器の描写が含まれております。
18歳未満の方は閲覧をご遠慮ください。
ご覧になりたい方は、クリックをしてください。

5種類の性病にかかった、10歳代女性の一例

閲覧注意

この写真には性器の描写が含まれております。
18歳未満の方は閲覧をご遠慮ください。
ご覧になりたい方は、クリックをしてください。

5種類の性病にかかった、10歳代女性の一例

閲覧注意

この写真には性器の描写が含まれております。
18歳未満の方は閲覧をご遠慮ください。
ご覧になりたい方は、クリックをしてください。

5種類の性病にかかった、10歳代女性の一例

閲覧注意

この写真には性器の描写が含まれております。
18歳未満の方は閲覧をご遠慮ください。
ご覧になりたい方は、クリックをしてください。

5種類の性病にかかった、10歳代女性の一例

閲覧注意

この写真には性器の描写が含まれております。
18歳未満の方は閲覧をご遠慮ください。
ご覧になりたい方は、クリックをしてください。

5種類の性病にかかった、10歳代女性の一例

画像

閲覧注意

この写真には性器の描写が含まれております。
18歳未満の方は閲覧をご遠慮ください。
ご覧になりたい方は、クリックをしてください。

5種類の性病にかかった、10歳代女性の一例

画像

閲覧注意

この写真には性器の描写が含まれております。
18歳未満の方は閲覧をご遠慮ください。
ご覧になりたい方は、クリックをしてください。

5種類の性病にかかった、10歳代女性の一例

画像

閲覧注意

この写真には性器の描写が含まれております。
18歳未満の方は閲覧をご遠慮ください。
ご覧になりたい方は、クリックをしてください。

5種類の性病にかかった、10歳代女性の一例

画像

エピソード

梅毒、尖圭コンジローマ、咽頭淋菌感染症、咽頭クラミジア、膣カンジダ症

10歳代女性 ヘルス歴半年。週7日勤務1日5,6人接客。1か月前から不正出血あり。2日前から外陰部のかゆみ、全身の発疹が出て来た。手の平(画像1)、足(画像2)などに紅斑が散在。膣前庭部(画像3)、膣壁(画像4)などにコンジローマ結節が見られる。梅毒、尖圭コンジローマ、のど淋菌、のどクラミジア、カンジダ陽性。RPR128。全ての治療に約1か月半かかった。

*尖圭コンジローマの治療費は、液体窒素による凍結療法(初回¥9,3502回目から¥6,050)、ベセルナクリーム¥7,2601週間分)、ヨクイニン(漢方)¥2,2001週間分)であり、治療期間は1週間~23か月程度でございます。
*液体窒素およびベセルナクリームの副作用には陰部潰瘍、紅斑、びらん、表皮剥離、浮腫等、ヨクイニンの副作用には発疹、発赤、かゆみ、じんましん、胃部不快感、下痢など報告されております。このような症状が出た場合はすぐに担当医師へご相談ください。
*治療の効果や副作用には個人差がございます。

一番上に戻る
TwitterTwitterMeDaCa WEB予約WEB予約