症例写真

40代/ 女性

‟あくびやつばを飲み込む時にのどが痛む症状”で見つかった二期梅毒の一例

Before

二期梅毒、細菌性膣症

After

二期梅毒、細菌性膣症

Before

‟あくびやつばを飲み込む時にのどが痛む症状”で見つかった二期梅毒の一例
‟あくびやつばを飲み込む時にのどが痛む症状”で見つかった二期梅毒の一例
‟あくびやつばを飲み込む時にのどが痛む症状”で見つかった二期梅毒の一例
‟あくびやつばを飲み込む時にのどが痛む症状”で見つかった二期梅毒の一例
‟あくびやつばを飲み込む時にのどが痛む症状”で見つかった二期梅毒の一例
‟あくびやつばを飲み込む時にのどが痛む症状”で見つかった二期梅毒の一例

エピソード

二期梅毒、細菌性膣症

40歳代女性 ヘルス歴3年 週4日勤務1日4名接客。
2,3週間前から体全体に湿疹ができた。あくびが出た時にのどが痛む。唾を飲み込む時も少し咽が痛い。
診察では、咽頭に赤色の粘膜斑を認め(Before)、両手足に多発して鱗屑を伴う紅斑を認めた(画像1,2)。
梅毒抗体RPR32/TP5120と上昇し、梅毒と細菌性膣症の診断で梅毒治療用の内服抗生剤と、細菌性膣症治療用の抗生剤膣錠が処方された。
2週間後には症状はほぼ消失し(After、画像3)、約2か月の加療で完治した。

一番上に戻る
TwitterTwitterMeDaCa WEB予約WEB予約