症例写真

20代/ 女性

前医での尖圭コンジローマの診断に納得されずセカンドオピニオンに来られた一例

Before

閲覧注意

この写真には性器の描写が含まれております。
18歳未満の方は閲覧をご遠慮ください。
ご覧になりたい方は、クリックをしてください。

前医での尖圭コンジローマの診断に納得されずセカンドオピニオンに来られた一例

閲覧注意

この写真には性器の描写が含まれております。
18歳未満の方は閲覧をご遠慮ください。
ご覧になりたい方は、クリックをしてください。

前医での尖圭コンジローマの診断に納得されずセカンドオピニオンに来られた一例

エピソード

20歳代女性 会社員 パートナーは一人で、付き合ったばかり、ゴムなし性交
2か月前にコンジローマの疑いを指摘され、ヨクイニン、ベセルナによる治療を行ったが、イボに変化がなく、周囲は炎症でただれた。梅毒やヘルペスを疑われ検査をするも陰性。本当に尖圭コンジローマなのかセカンドオピニオン目的に当院を受診された。
診察では膣前庭部5-7時方向に乳頭腫が認められた(図1,2)。膣前庭乳頭腫症の診断とし、治療中止を指示した。
*尖圭コンジローマが治り、膣前提乳頭腫症が残る場合もあるため、必ずしも前医の診断が誤診であるとはならない。

一番上に戻る
TwitterTwitterMeDaCa WEB予約WEB予約