症例写真

20代/ 女性

‟尿道から膿”が出る形で見つかった女性の淋菌感染症の一例

Before

閲覧注意

この写真には性器の描写が含まれております。
18歳未満の方は閲覧をご遠慮ください。
ご覧になりたい方は、クリックをしてください。

‟尿道から膿”が出る形で見つかった女性の淋菌感染症の一例

閲覧注意

この写真には性器の描写が含まれております。
18歳未満の方は閲覧をご遠慮ください。
ご覧になりたい方は、クリックをしてください。

‟尿道から膿”が出る形で見つかった女性の淋菌感染症の一例

閲覧注意

この写真には性器の描写が含まれております。
18歳未満の方は閲覧をご遠慮ください。
ご覧になりたい方は、クリックをしてください。

‟尿道から膿”が出る形で見つかった女性の淋菌感染症の一例

閲覧注意

この写真には性器の描写が含まれております。
18歳未満の方は閲覧をご遠慮ください。
ご覧になりたい方は、クリックをしてください。

‟尿道から膿”が出る形で見つかった女性の淋菌感染症の一例

エピソード

淋菌感染症、クラミジア感染症、膣カンジダ症

20歳代 女性 フリーター マッチングアプリ利用者
2週間前にマッチングアプリで知り合った男性とコンドームを用いた膣性交をした。1週間前からおりものの増加、不正出血、排尿後の下腹部痛がある。特に2日前から排尿痛がひどく、トイレに行くのも億劫である。尿は混濁を認め、尿検査では白血球、赤血球を著明に認めた。膀胱炎の診断。
診察では外陰部は全体的に黄色い膿の分布が見られ(図1)、膣側に指を入れ、尿道を圧迫すると尿道から膿の排泄が認められた(図2)。
おりもので淋菌、クラミジア、カンジダが陽性であった。膀胱炎の原因は淋菌性であったものと考えられた。

【注意すべき点】通常、若年者の膀胱炎の原因菌は大腸菌や腸球菌などが多い。しかし、時として性感染症の原因となる淋菌、クラミジア、マイコプラズマ・ジェニタリウム、カンジダなどが膀胱で悪さをする事がある。その場合、通常の膀胱炎に対する抗生剤では不十分な事も多い。すなわち性感染症に効果的な抗生剤の選択が必要となる。以上から性感染症を正しく診断することが、治療に先立ちとても大切である。

一番上に戻る
TwitterTwitterMeDaCa WEB予約WEB予約