症例写真

30代/ 女性

1年後に1型単純ヘルペス特異抗原検査陽性を示した30歳代女性の一例

Before

閲覧注意

この写真には性器の描写が含まれております。
18歳未満の方は閲覧をご遠慮ください。
ご覧になりたい方は、クリックをしてください。

性器ヘルペス

After

閲覧注意

この写真には性器の描写が含まれております。
18歳未満の方は閲覧をご遠慮ください。
ご覧になりたい方は、クリックをしてください。

性器ヘルペス

Before

閲覧注意

この写真には性器の描写が含まれております。
18歳未満の方は閲覧をご遠慮ください。
ご覧になりたい方は、クリックをしてください。

1年後に1型単純ヘルペス特異抗原検査陽性を示した30歳代女性の一例

閲覧注意

この写真には性器の描写が含まれております。
18歳未満の方は閲覧をご遠慮ください。
ご覧になりたい方は、クリックをしてください。

1年後に1型単純ヘルペス特異抗原検査陽性を示した30歳代女性の一例

閲覧注意

この写真には性器の描写が含まれております。
18歳未満の方は閲覧をご遠慮ください。
ご覧になりたい方は、クリックをしてください。

1年後に1型単純ヘルペス特異抗原検査陽性を示した30歳代女性の一例

閲覧注意

この写真には性器の描写が含まれております。
18歳未満の方は閲覧をご遠慮ください。
ご覧になりたい方は、クリックをしてください。

1年後に1型単純ヘルペス特異抗原検査陽性を示した30歳代女性の一例

エピソード

性器ヘルペス

30歳代女性 感染経路はパートナー
2,3か月前からパートナーと付き合っている。11日前に性行為をした。2日前に近医で性器ヘルペスの診断。自分で性器のできものは見えないが、手で触るとブツブツしており、座ったりしてこすれると痛む。パートナーはこれまでにヘルペス症状を来したことはないという。
診察では、左優位の両側大陰唇、小陰唇、肛門周囲などに多発潰瘍を認めた(Before)。単純ヘルペス特異抗原検査(綿棒でぬぐう検査)では陰性を認めたが、その後の血液抗体検査CF法では32と高値を認め、性器ヘルペスの診断で矛盾なし。3週間後には症状は軽快した(After)。
約1年後に同様の箇所(左優位両側大陰唇、会陰)に潰瘍を認め(画像1,2)、もう一度単純ヘルペス特異抗原検査を行った所、1型ヘルペスの陽性を確認した。
【解説】
単純ヘルペスには1型、2型があり、かつては口唇ヘルペスが1型、性器ヘルペスが2型と分類されていました。しかし、オーラルセックスの広がりにより現代では2型でも口唇、1型でも性器に感染する事があり、型と部位は一致しない事が知られています。「陰部潰瘍」を持つ患者様は、とても不安な気持ちになるものです。診療所によっては、エピソードや視診にて性器ヘルペスの診断としますが、私たちはなるべく検査で証明する事をお勧めしています。その理由は陰部潰瘍の原因には性器ヘルペスの他、性感染症の分野では「梅毒」などの可能性があり、性感染症以外の分野では「帯状疱疹」「固定薬疹」「ベーチェット病」などの可能性があるためです。
よって、陰部潰瘍がみずみずしい場合はその潰瘍底を綿棒でぬぐい、特異抗原検査を提出します。検査で陽性が出ればヘルペスの診断と型の診断が同時にできます。陰性の場合には、血液検査で抗体を調べ、単純ヘルペスウイルスが体内に侵入した証拠を突き止めます。この患者様は当初ヘルペス特異抗原検査は陰性でしたが、その後の血液検査で抗体が陽性、すなわち単純ヘルペスウイルスによる感染を証明しました。しかし型がわからなかったので、1年後の再発時にもう一度特異抗原検査を提出し、1型が判明しました。1型は2型に比べて、再発が少ない事が知られています。患者様の将来における病気との付き合い方が変わるため、当院では執念深く検査をする事をお勧めしています。*検査結果については個人差がございます。
→もし今、ヘルペスの疑いがあり、なかなか診断がつきづらい状況にいらっしゃる方は、まずはご相談だけでも構いません。お気軽に銀座にお越しくださいませ。

一番上に戻る
TwitterTwitterMeDaCa WEB予約WEB予約